六本木と函館でなら出会いたい

六本木と函館で泣いていても出会いたい
<< 出会いの季節が六本木であると思います | main | 六本木出会いが失われた時代でもありました >>
六本木の出会いを秋には見せたい
0

    六本木の出会い
    玉野、見せたら
    古くから観賞用として栽培されています。
    秋には3枚の肉質の葉が垂れ下がり、たくさんのピンクの球形の花を茎の上部に付けます。冬には、全体が赤くなります。
    高野山の六本木の出会いこの花を見つけ、和歌の先生である霊泉拓久に送った。そのとき、「見せたい」という下付き文字がありました(見せたい)。

    六本木 出会い

    六本木 ゲイ仲間の見つけ方

     

    深吉野をお見せします
    (稲葉Re子)
    咲く玉野と四味見島に住む
    (星野Re)
    みさばやより花見のようですか
    (六本木の出会い)


    見せてくれれば、それは大島の海の袖です。
    色は変わりません。
    (六本木の出会い)
    * あなたに見せたい。松島の漁師の袖、松島でも、波に濡れても色は変わりません。

    | - | 17:16 | comments(0) | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ